外壁塗装 横浜 No.7|東京・神奈川・静岡の外壁塗装の事ならお任せください。

フジテック
  • HOME
  • 会社概要
無料外壁診断ご予約フォーム

外壁塗装 横浜 No.7

外壁塗装 横浜

外壁のモルタルやトタンがかなり劣化していて

今では外壁にサイディンを使用するのが当たり前になっていますが、一昔前まではモルタル壁やトタンを壁材に利用するのも当たり前で、50年以上前に建てた横浜の母屋の壁にはモルタルを、庭に建つ物置の壁にもトタンが使用されていました。
父に確認すると物置の壁は一度もメンテナンスをしたことがなく、母屋の方は以前父が知り合いの大工さんに依頼して安く塗装をしてもらったそうですが、いずれもかなり劣化していて家の方は白い壁が黒ずんできて、トタンは錆びまくっていたので、できるだけ外壁塗装を安くしてもらえる業者さんを探して無料外壁診断もしているフジテックさんに工事をしてもらいました。
見違えるように家も小屋に綺麗になって、ここにお願いして良かったです。

段落

壁の塗り替えをすることなどこれまで考えていませんでしたが

横浜で家を建てた時には正直将来的に壁の塗り替えをすることなど全く頭になくて、外壁材も家全体の雰囲気に合わせたサイディンを選びました。
もちろん家を建てる時には予算もあったので、外壁材を選ぶ時には施工業者である地元の建設会社の担当者さんからここまでの範囲で選んでくださいといくつかのメーカーのカタログを渡されましたが、結果的に選んだ商品は厚さがそんなにないサイディングで、劣化もしやすいものであることは今回フジテックさんに外壁塗装工事をお願いしてはじめて認識しました。

外壁材には基本的にモルタルと天然木の羽目板とサイディングがあって、サイディンには薄いものだと1センチもないものから3センチ以上も厚さがあるものもあって、素材もたくさんの種類があってそれによって外壁塗装が必要になる時期も異なり、さらに使用する塗料によっても今後の外壁塗装をするスパンが大きく変わってくることもはじめて知りました。

外壁塗装

外壁材には基本的にモルタルと天然木の羽目板とサイディングがあって、サイディンには薄いものだと1センチもないものから3センチ以上も厚さがあるものもあって、素材もたくさんの種類があってそれによって外壁塗装が必要になる時期も異なり、さらに使用する塗料によっても今後の外壁塗装をするスパンが大きく変わってくることもはじめて知りました。

使用する塗料は直射日光が常にあたっているかどうかなど環境などに合わせて最適なものを選ぶ必要があるそうですが、フジテックさんではこちらの予算も考えた上で長持ちする最適な塗料を選んで壁の塗替えをしてくれました。
また壁を塗替える際には何度も重ねすることで費用も耐久性も変化することなど、これまでは外壁塗装については全くの素人でしたが、今後のためにもいろいろ勉強することができました。
フジテックさんには今後も無料で定期的に点検に来てもらえることになったので、これからもよろしくお願いします!

PageTop

無料外壁診断ご予約フォーム