横浜で外壁塗装の見積をお考えの方はフジテック株式会社にお気軽にご相談ください。

フジテック
  • HOME
  • 会社概要
無料外壁診断ご予約フォーム

フジチタンテクト

フジチタンテクト

フジチタンテクト

光触媒コーティングが使いやすくなり、多くのお客様に満足頂けています。

フッ素樹脂ベースだから耐候性が高く、効果が長続きします

塗膜成分の中で重要な役割を持つ樹脂に、フッ素樹脂・シリコン・ウレタンなどの種類があります。その中で最も耐候性が良いとされる4フッ化フッ素樹脂を「フジチタンテクト」の骨格とすることで、効果の長続きする、汚れに強い外壁塗装材が生まれたのです。しかも、一般的な光触媒塗料にない塗膜の柔軟性が特徴です。

塗料の寿命目安

汚れがつきにくい

汚れがつきにくい

●有機物分解
太陽の光を受けると塗膜の中の酸化チタンが活性酸素を生み出します。この活性酸素が汚れを分解し、汚れの付着力を弱めます。

親水性

●親水性
水をはじかず、表面に水がなじむ超親水性なので、雨水などが壁の汚れの下に入り込み、汚れを浮き上がらせて流します。
燃料電池の電解質に採用されているフッ素樹脂だから、光触媒の酸化還元反応にも安定し、下地を傷めません。そしてフッ素樹脂自体が親水性を持っているので、太陽の光が当たりづらい北側なども汚れを付きにくくします。

汚れが落ちる様子

色あせを防ぐ

色あせを防ぐ

●紫外線を約70%カット!
外壁の色あせの原因となる紫外線を約70%カット。色あせを防ぐとともに、外壁の耐久性も高めます。
また、透明性が高いため、壁素材のうつくしい色彩を損なうことがありません。
フジチタンテクトは唯一の有機系光触媒コーティング材だから
他では真似のできないこんな特徴も!!

厚膜なので高耐候性

●厚膜なので高耐候性

塗膜が柔らかい

●塗膜が柔らかい
モルタル外壁には一般的に柔軟性のある塗装が用いられます。フジチタンテクト自体に柔軟性があります。

少量の酸化チタンで効果を発揮

●少量の酸化チタンで効果を発揮
一般の光触媒は酸化チタンがシリケートで覆われているため、表面に出ているものしか反応しませんが、フジチタンテクトはバインダー内のすべての酸化チタンが反応し、少ない量でも優れた効果を発揮します。

フジチタンテクトクール(遮熱タイプ)

フジチタンテクトクール(遮熱タイプ)

●太陽光による外壁の温度上昇を低減し、室内の省エネに貢献します。
注)省エネ効果は、建物の構造、断熱材の使用状況、立地条件、塗装仕様などによりことなります。※屋根には屋根用遮熱塗料としてサーモアイシリーズがあります。併せてご検討ください。

フジチタンテクトクール工法

フジチタンテクトクール工法は微弾性を持つ下塗り層と、遮熱性・低汚染性を持つ上塗り層で構成され、太陽光による外壁温度上昇を低減させる外壁用遮熱工法です。
従来の外壁用塗料と比較して、塗膜裏面温度を最大−17℃低減します。(当社規定のランプ試験による)。外壁を遮熱することで室内温度の上昇を抑制すると共に、壁面自体の温度上昇が低減されるため、劣化要因の一つである熱劣化を抑制します。さらに下地基材の熱による熱張収縮も緩和します。
フジチタンテクトクール工法は、太陽熱光線の反射性能に優れています。(高反射性)

フジバリアシステム

フジバリアシステム

光触媒を凌ぐ驚異のフジバリアパワー!
ワックスのような手軽さで、完全無機の表面バリア層を形成。
光触媒のような親水性によるセルフクリーニング効果はもちろん、優れたバリア性から過激な環境に弱い有機系塗面を保護します。

フジバリアシステム

マンガで分かる光触媒

レックス博士第1話
光触媒塗料って何なの?
レックス博士第2話
光触媒塗料を実際に使ってみよう!
レックス博士第3話
光触媒塗料の高価を確かめよう!
レックス博士第4話
光触媒で空気を浄化しよう!
レックス博士第5話
光触媒カラー鋼板が誕生!
レックス博士第6話
光触媒反応を長持ちさせるには!?
レックス博士第7話
空気浄化・NOx除去の話
レックス博士第8話
打ち放しコンクリートに塗ってみよう!
レックス博士第9話
防水膜に光触媒を塗ってみよう!
レックス博士第10話
打ち放しコンクリートの再生描画 G-PFシステムのお話

PageTop

無料外壁診断ご予約フォーム