外壁塗装の見積を横浜でお考えの方はフジテック株式会社にお気軽にご相談ください。

フジテック
  • HOME
  • 会社概要
無料外壁診断ご予約フォーム

塗料選びのポイント

塗装の比較

予算に合わせて選ぶ

高品質な塗料を選びたいのはもちろんですが、塗装工事を行う際に最も重要なのはそのためにかかる費用で、高品質で機能性が高い塗料はどうしても工事費用は高額になります。
安価な塗料を選ぶと工事費用も安くなりますが、耐用年数も短くなる分塗り替えの頻度も高くなるので、ご予算と施工業者とも相談した上で無理のない範囲で最適な塗料を選択しましょう。

環境に合わせて選ぶ

たとえ同じ塗料を外壁塗装に使用しても、劣化のスピードもその原因も環境によって異なります。
紫外線を受ける量、排気ガスを浴びる量、雨や湿気の多さなどによって外壁が受けるダメージはかなり変わってきます。
環境に合わせた塗料選びは外壁塗装工事に熟練した職人さんでも難しいと言われているので、弊社のような塗料の専門家に相談して最適なものを選びましょう。

ダメージに合わせて選ぶ

塗料が劣化する主な原因には、紫外線、排気ガス、湿気、水分などがありますが、立地によって建物が受けるダメージは変わってきます。
高いビルに隠れてほぼ紫外線が当たらない、車が全く通らない、雨風の影響をあまり受けない建物は、無理に高品質で高額な塗料を選ぶ必要がない場合もありますので、塗料の特徴も考えて受けるダメージに合わせたものを選びましょう。

お勧め塗料

フジチタンテクト(光触媒)

これまでになかった光触媒+フッ素樹脂ベースの塗料で、色あせを防ぎ汚れがつきにくく、高級感のある美観を長く維持することができます。
唯一の有機系光触媒コーティング材であるフジチタンテクトは、太陽の光のパワーにより外壁に付いた汚れを分解して、雨風によりそれを流す効果がある優れものです。

サーモアイウォールセラミック

大手塗料メーカーである日本ペイントが販売する遮熱塗料で、上塗りに赤外線通過テクノロジーを採用しており、上塗り塗膜で反射出来ない赤外線を通過させ、それに加えて下塗りのサーフ・シーラーによって高い遮熱効果を発揮します。
高い遮熱効果により低汚性、防藻性、防カビ性、透湿性などの効果を高め、建物の良い状態を長く維持させます。

ファイン4Fセラミック

大手塗料メーカーの日本ペイントが開発した、ターペン可溶2液超低汚染形4フッ化フッ素セラミック変性樹脂塗料です。
通常のタイプと弾性機能を持つ高弾性ファイン4Fセラミックの2種類があり、業者からの評価が非常に高く、耐久性、耐汚染性、防藻性、防カビ性、透湿性など全てにおいて優れているフッ素系の塗料です。

PageTop

無料外壁診断ご予約フォーム